診療メニューTreatment

私たちが皆様をお迎する上で大切にしていること

予防を前提とする歯を守る取り組み MTMとは?

確実に歯を守るための MTM(メディカルトリートメントモデル)

歯科医院は歯が痛くなってから来る所と思っていませんか?
「虫歯を削って修復する」「悪くなってから治療する」といった従来の歯科治療では
歯やお口の健康を維持することが出来ず、将来的には歯を失くす可能性があります。

現在、日本の歯科医療は根本的な原因を解決せずに治療を行い、
再治療を繰り返し最終的には歯を失うといった結果を招いているのが実情です。

メディカルトリートメントモデルとは

歯は加齢とともに自然に喪失するのではなく、喪失を防ぐには
治療を行う前に原因を取り除き、再発を防ぐ行動が大切です。

MTM(メディカルトリートメントモデル)とは歯科に医療の視点を取り入れ
虫歯や歯周病等の原因や将来のリスクを可能な限り取り除き
個々に合わせた予防プログラムの立案/治療等を行い、定期メンテナンスに至る流れを指します。

歯の喪失リスクを取り除き、定期メンテナンスを行えば
喪失時期を遅らせ、寿命を延ばすことが出来ます。

検査を行い、根本となる原因を追究し患者様ごとに適切な処置を実施。
生涯に渡り歯やお口の健康を守り、長く健やかに暮らして頂くためのMTMです。

口の健康 が全身の健康につながります

口と歯(口腔内)の健康は全身の健康と深くつながっています。
例えば、私たちは口と歯を使って食べ物を噛み砕き、飲み込みエネルギーに変えています。

お口の異常から高血圧や糖尿病といった病気が見つかるケースもある他
お口を使ったコミュニケーションは人にとって何よりも大切。
だからこそお口と歯を健康にしておくことは、非常に価値があります。
歯から全身の健康を守り、地域全体の健康意識を高めることを目指しています。

地域の健康向上 のために

当院の診療方針は
「お口を通しての、全身への健康」です。
私たちは治療より予防を重視します。
虫歯や歯周病をなくすことを徹底し、
患者様が長く元気に笑って過ごせるよう、
支援いたします。

お口の健康を守るためには、治したいと思う気持ちが必要です。
生活の一部である歯磨きの時間を、もう少しだけ歯を大切に想う時間に変えませんか。
将来も自分の歯で食べたい、一本でも多く歯を残したいとお考えの方はご相談ください。

根管治療とは

歯の中には「歯髄」と呼ばれる神経や血管を含む組織があり、ここまで虫歯菌が入り込むことで、歯がズキズキ痛んだり、膿が出てきたりといった症状が起こります。

根管治療は、この歯髄内(根管内)まで侵攻した虫歯を取り除き、消毒を行い、
薬を詰めて細菌が再び入りこまないようにする「歯の神経の治療」です。

当院ではより精度の高い治療を行うためにマイクロスコープを導入しております。

 

根管治療の治療期間

多くの場合2〜4回の治療で終了します。
根管の中に細菌が感染しており、根の先の骨まで炎症が広がってしまっている場合は治療期間が長くなります。

 

根管治療の流れ

Flow1

歯や破折によって歯髄に細菌が侵入し、歯髄腔全体に感染が広がって、根の先に膿が溜まっている状態です。

Flow2

治療の為に咬合面(や補綴物)を削ります。

Flow3

リーマーで細菌に感染した骨髄(神経や血管)を除去します。

Flow4

根管内を洗浄し、消毒液を詰めます。
※この処置は何度か行います。

Flow5

根管に土台を入れ、人工の歯冠(クラウン)を被せます。

 

 

入れ歯・義歯

インプラントが怖い方向けに義歯も対応いたします

保険治療の10倍かめるバネのない「入れ歯」

コーヌス義歯という、バネを使わず二重構造の冠をはめ込むタイプの入れ歯を使用します。
義歯でもご自身の歯に近い感覚でものを食べられるため、噛める喜びをより感じられます。
土台となる残った歯への負担も少なく、歯磨きもしやすいため、バネを使ったものよりも虫歯や歯周病になりにくいです。
また噛むときにかかる力が分散するため、痛みや違和感なく食事をすることができます。

 

入れ歯について

歯がなくなってしまったとき、真っ先に思いつく対処法が「入れ歯」ではないでしょうか?

ただ、装着するための金具が気になってしまい、少し恥ずかしさを感じてしまう方も少なくないと思います。
それでもブリッジやインプラントのような手術もしたくないという方のために、保険適用ではないですが、装着するための金具がない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)があります。

 

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、保険適用の入れ歯とは異なり、見た目が本当に自然で、入れ歯であることに気付かれることはほとんどありません。

ただ、ブリッジのように健康な歯を削ることもなく、インプラントのように高度な手術は必要ありませんが、食事中に外れてしまったり、失くしてしまうといったデメリットがあります。

そして、保険適用ではない(自由診療)になるため、一般的な保険の入れ歯と比べると高額になります。

 

 

小児期の虫歯予防の大切さ

小児の段階から虫歯にならないように歯医者さんで予防をすることには、大人になってからの口腔環境にとても良い影響を及ぼします。
なぜなら、虫歯になりにくくなる習慣が身に付くからです。

「毎日歯磨きをさせているから大丈夫」、
「もし虫歯になったら歯医者さんに診てもらえばいい」
ではなく、
虫歯を作らないために早い段階から歯医者さんに連れて行くようにしてください。

 

主な予防法

フッ素塗布

乳歯は非常に虫歯になりやすいので、フッ化物を塗布して歯質を強化し、虫歯菌の繁殖を抑えつつ、歯の再石灰化を促すことで初期の虫歯も治療します。

シーラント

食べかすが詰まりやすい奥歯の溝を、歯科用プラスチックで埋めることで虫歯になるのを防ぎます。

患者様にご安心いただけますよう、治療計画の説明に注力しております

インプラント

赤羽橋歯科・矯正歯科のインプラント治療

細かい診断による安心安全な
インプラント治療

最新のデジタルレントゲンで、患者様への負担を最小限にできます。

大学病院での豊富な
インプラント経験と実績

10年にわたり、インプラントの手術に携わってきた経験がございます。

専門医による確かな治療

日本口腔インプラント学会専門医の院長が対応させて頂きます。

患者様ごとに適したオーダーメイドのインプラント治療の提案

安心して治療を受けて頂くために、患者様への説明と同意を徹底致します。

信頼できるインプラント
メーカー・技工士との提携

熟練の歯科技工士と連携し、最高に美しい歯をご提供いたします

オペ用個室を完備

無菌化された清潔な室内で、インプラント手術を行うことができます。

 

(公社)日本口腔インプラント学会専門医が在籍

当院の院長である岩田優行は「日本口腔インプラント学会専門医」です。
(公社)日本口腔インプラント学会認定の専門医は、日本の歯科医師10万人に対しわずか1000名程の取得が難しい資格です。

多くの実績や経験を積み重ね、学会での発表や海外学会での研修を行い続ける口腔インプラントの専門医が治療にあたることで、
患者様により新しく、より精度の高い治療がご提供できると考えております。

 

インプラント専門医とは

社団法人日本口腔インプラント学会が認めた歯科医師に認定書を交付する資格認定制度のことです。
日本口腔インプラント学会専門医の資格は下記の様々な条件を満たす必要があります。

メリットとデメリット

インプラント治療は、他の健康な歯に負担をかけずに治療を行えます。
違和感が少ないため、自分の歯に近い感覚でものを噛むことが可能です。

しかし、インプラント治療にはリスクやデメリットもあるため、確実な診査・診断を行うことが重要です。

インプラントのメリット
  • 天然歯に近い感覚で噛むことができる
  • 周りの歯に負担をかけない
  • 見た目が良い
インプラントのデメリット
  • 手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 費用が高額

入れ歯との比較

入れ歯

部分入れ歯では、もともと残っている歯に金属のバネを掛けます。
健康な歯に負担がかかるうえに、審美的に見劣りし、装着時に違和感を覚える場合もあります。

その点、インプラントはもともと残っている歯に負担をかけることなく、審美的にも改善され、よく噛むことができるようになります。

入れ歯のメリット
  • インプラント治療と比較して、治療期間が短い
  • 取り外し式なので、清掃性がよい
  • 歯を削る量が少ない
  • 保険診療と自費診療を材料によって選べる
入れ歯のデメリット
  • 取り外し式のわずらわしさ
  • 金属のバネによる審美的問題
  • バネがかかっている歯へ負担がかかる
  • 口の中に違和感を覚えることがある
  • 発音に違和感を覚えることがある

ブリッジとの比較

ブリッジ

ブリッジ治療では失った歯の左右の健康な歯を削り土台とする必要があります。
しかし、インプラントは健康な歯を削ることもなく負担もかけずにすみます。

ブリッジのメリット
  • インプラント治療と比較して、治療期間が短い
  • 固定式である
  • 保険診療と自費診療を材料によって選べる
ブリッジのデメリット
  • 隣在歯を削る必要がある
  • 隣在歯へ負担がかかる
  • ダミーの歯の底面に汚れがたまりやすい

通常ではインプラント治療が困難な症例においても、できる限りの対応を心がけております。
各手術には適応がございますので、細かい診断の上、患者様それぞれに最も適したインプラントの手術方法を選択することで、安心安全なインプラント治療を行っております。

 

骨の量に問題がある場合の対応

骨の量が足りないという患者様でも、ご相談ください。
自家骨または骨補填剤(こつほてんざい)などを用いて以下のような骨を増やす処置(骨移植)を行うことで、インプラント手術が可能になる場合もございます。

各手術には適応がございますので、細かい診断のもと、患者様に合った手術方法を選択いたします。

 

骨のない症例に対してのアプローチ(1)GBR法

術前のイラストのように骨の厚さが不足していると、インプラントを埋入しても骨から露出してしまい、インプラントが安定しません。

そこで、歯槽骨が不足している部位に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を入れ、その上にメンブレンという人工膜で覆うことにより、
歯肉などの柔らかい組織の混入を防ぎ、骨の再生を促進させます。

GBR法

骨のない症例に対してのアプローチ(2)上顎洞底挙上術

歯が抜けてから長い年月が経っている場合や歯周病などにより骨が少なくなると、インプラントを埋めるために十分な高さがなくなってしまいます。
その場合、上顎洞を上に持ち上げ、自家骨または骨補填剤をいれることで骨を作りながら、インプラントを埋め込むために十分なスペースを確保します。

上顎洞の横からアプローチするサイナスリフトと、上顎洞の真下からアプローチするソケットリフトがあります。

サイナスリフト

 

骨のない症例に対してのアプローチ(3)スプリットクレスト法

インプラントの直径に対して骨の幅が狭いとインプラントを埋入することはできませんので、歯槽骨の骨の幅を拡大する必要があります。

1:歯槽骨頂部を歯科用器具で2つに分割します。
2:骨を広げていきます。
3:こうしてできた孔にインプラントを埋入します。
インプラントと骨との間には骨補填材を満たし骨再生を促します。

スプリットクレスト法

 

インプラントにかかる費用

相談料 無料
CT撮影+検査 ( 血圧・血液検査 ) 10,000円
診断料
検査結果に基づいて、正確な診断を行います。
治療計画、治療後、治療期間について詳しくご説明しま
す。
5,000円
治療費 治療計画に基いて詳細な治療費を書面にて提示させていただきます。

※税別

セデーション(静脈内鎮静法)

恐怖心や緊張を和らげ、うたた寝をしているような状態で手術を受けていただけるリラックス治療です。

静脈内鎮静法(2時間) 80,000円

※税別

インプラントの治療費

インプラント手術は、患者様のお口の状態によって治療法が異なりますが、主な治療に掛かる費用の内訳を公開致しましたのでこちらをご覧ください。

CT撮影+検査 ( 血圧・血液検査 ) 10,000円
ガイデッドサージェリー 50,000円~
 一次手術 250,000円
二次手術 12,000円
CTG 30,000円
遊離歯肉移植術 30,000円
印象~試適(1~2歯) 8,000円
印象~試適(3~4歯) 10,000円
印象~試適(5歯~) 15,000円
IP TEK 1歯 10,000円 ~
インプラント上部構造 150,000円~
ソケットリフト1歯 10,000円
スプリットクレスト1歯 25,000円
サイナスリフト 300,000円
GBR( 人工骨含む ) 100,000円~
静脈内鎮静法 80,000円
抜歯 5,000円

IP オーバーデンチャー 

アバットメント1装置
50,000円
IPデンチャー 400,000円

※税別

インプラント治療について、よくある質問にお答え致します

インプラントの手術時間や、痛み・腫れについてはどうですか?
処置時間は約60分〜120分です。
手術は麻酔をしてから行いますので、手術中の痛みを感じる事はありません。
ただし、麻酔がきれますと、傷口の痛みがまったくないわけではありません。
手術後 1〜2日は腫れや痛みがでる場合がありますが、痛みや腫れはしだいに和らぎます。
治療期間はどのくらいですか?
一般的に、顎の骨に埋入したインプラントが周りの骨と結合するのに、6〜24週間ほどかかります。
その後、人工の歯(歯冠部)を製作して装着する為の期間が、1〜3週間ほど必要となります。
インプラント治療の間、歯がない部分はどうすればよいですか?
仮歯や仮の入れ歯を入れさせていただきます。
見た目にも食事をするにも問題はありませんのでご安心ください。
歯槽膿漏でもインプラント治療は受けられますか?
歯槽膿漏にかかっている方はお口の中の衛生状態が悪い場合が多く、
そのままではインプラントを入れる事ができません。
歯周治療を行い、正しい歯磨きを身につけ、歯槽膿漏を治した後にインプラントを行います。
糖尿病でもインプラント治療は受けられますか?
医師の指導のもとに十分にコントロールされていれば問題ありませんが、
状態によってはインプラント手術ができない場合もあります。
詳しい病状をお伝えいただき、十分に審査いたします。
治療費はどのくらいかかりますか?
インプラント治療は自由(自費)診療ですので、診察を含め保険がききません。
使用するインプラントの種類や本数、装着する人工歯の種類や症例の難易度によっても
費用は異なってきますので、事前にご相談ください。

インプラントの保証について

保証期間について

保証の条件
保証の例外

インプラント治療を終えられた患者様へ

長い期間にわたる通院・治療、お疲れ様でした。
ご満足いただけましたでしょうか?
ご多忙のところ、貴重なお時間をさいていただきながらの通院は時間、費用、そして精神力にも大変なことであったと存じます。
また、私達の治療方針や治療技術に、ご信頼をいただき有り難うございます。心からの感謝を申し上げます。

当院での治療の成功とは長期にわたって、その状態を維持していただき、身も心も健康になっていただく事、と考えております。
これからも最善の努力をしていく所存でございます。今後ともよろしくお願い致します。

毎日のお口のお手入れ、定期健診、そしてお口の中のクリーニングが、とても大切となります。
これからも一緒に頑張って歯のケアーをしていきましょう。
何かご不明な点、ご質問、ご意見などお聞かせ願えれば幸いです。

おかしいな?と思ったら

 

特に問題がない方も年に1度のインプラントクリーニングには必ず起こし下さい


ネジの緩み、破折等のチェック、歯肉の状態の確認及び全体のクリーニングをして、インプラントの上部構造を清掃いたします。
インプラントを長持ちさせる為に必要な定期健診です。
通常、1時間程度で終わる処置です。(インプラントの本数が多い方は数回に分けて行うこともあります。)

白く輝く歯が日々の生活を煌びやかにします

ホワイトニング

施術方法

オフィスホワイトニング

院内にてプロが施術を行い、歯の外側から働きかけるのですぐ効果を実感できます。

ホームホワイトニング

自宅で行えるホワイトニングで、歯の内部まで浸透するので効果が長持ちします。

デュアルホワイトニング

2つの施術を組み合わせ、両方の長所を組み合わせるホワイトニング施術です。

ホワイトニング種類の比較

下の表は右にスクロールできます。

最もキレイな仕上がり、白さ長持ち
デュアルホワイトニング
プロにお任せ
オフィスホワイトニング
自宅で好きな時間に
ホームホワイトニング
効果の目安

※効果の目安であり、元の歯の色や年齢によって個人差があります。

※ハイパーホワイトニング(オフィスホワイトニングメニューの1つ)の場合は7〜9段階アップします。

仕上がり 色ムラがなく、きれいに仕上がりやすい 色ムラがでる可能性がある 色ムラの改善が可能
色戻り もっとも色戻りしにくい 色戻りしやすい 色戻りしにくい
来院回数 3〜4回 1回 2〜3回
施術可能範囲 全ての歯 奥歯以外 全ての歯
こんな人におすすめ

・誰からも褒められるほどの白い歯を手に入れたい

・歯を白くした後もずっと白い歯を維持したい

・歯のメンテナンスを楽にしたい

・すべてプロに任せたい

・自宅でケアをするより、通って歯を白くしたい

・自然な歯の白さで満足

・継続することに自信がある

・奥歯まで白くしたい

・通うことが難しい

メニュー

・ホワイトニングエスコートコース

・パーフェクトホワイトニングコース

・フィスホワイトニング プロ

・オフィスホワイトニング プロプラス

・ハイパーホワイトニング

・オフィスホワイトニングコース

・ホームホワイトニングスターターキット

ホームホワイトニング

自宅で気軽に歯を白くする方法です。
1〜2週間で歯を白くしていきます。

 

ホームホワイトニングの治療の流れ
治療後について

7 〜10日ごとに当院とのお約束のお時間を頂き、ホワイト二ングの経過、お口のクリーニング、フッ素塗布(歯質強化、知覚過敏の予防)を行います。
人により個人差はありますが、3〜4週間程度の使用でお望みの白さを得られる方が多いようです。

半年、1年経過後、白さがダウンしてきたときには、再度薬剤のみお買い求めいただければ白さを維持することが可能です。

また、ホワイト二ング中は研磨剤の入っていない歯磨剤(アパガードリナメル)のご使用をお勧めしています。

 

オフィスホワイトニング

施術の流れ

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うホワイトニングです。
各ホワイトニングを単体で行うよりも短期間での白さアップが期待でき、効果も長持ちしやすいのが特徴です。

矯正歯科

矯正歯科では、歯並びの悪い状態を少しずつ改善するためのお手伝いをいたします。

近年では一般的なワイヤーによるものから、あまり目立たないマウスピースや歯の裏側のみに器具をセットするものなどがございます。
また、これまでは矯正といえばお子様の永久歯が生えそろう前に…という形が一般的でありましたが、成人の方の需要も増えております。
モデル業やプロスポーツ選手など、矯正の有無が決して無視できないような職種もございます。
これまでお悩みを抱えていた方もぜひご相談ください。

>詳細はこちら

マウスピース型矯正

治療中の見た目が気になる方におすすめです。

取り外し可能な透明のマウスピースを使った「マウスピース型矯正」は、従来の矯正治療のデメリットを解消してくれる矯正治療法です。

>詳細はこちら

口腔外科

口腔外科では、虫歯の治療に限らずお口周り全般の問題に対応いたします。

例えば、歯が折れてしまった・割れてしまった際の対処や親知らずの抜歯等がございます。
歯の治療以外では、顎変形症・顎関節症への対応や、スポーツや事故などによるお口周りの外傷、その他口腔内の粘膜疾患なども含めて治療にあたります。
歯に限らず、お口の中やお口の動きなどに関わるトラブルがありましたら、ぜひご相談ください。
TOP
PAGE